2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« NEX-3の実力と・・・ため息のLUMIX GX7 | トップページ | NEX-3広角強化計画:E16mm + ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1 »

2014年2月 7日 (金)

NEX-5Tと愛猫と・・・Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35

LUMIX GX7の初期設定に仰天してしまったわけなのですが、NEXシリーズでチルトできる機種は無いの?と思って探してみると外付け電子ビューファインダーFDA-EV1Sというのを後付すれば可能になることが分かりました。

Img140207001
うーん、こうなったら拘ってみようかな。どうやら電子ビューファインダーを取り付けられるのはNEXの5N、5R、5Tらしく、その辺の機種を中古で入手出来ないかと中野の某フ○ヤカメラに向かったというわけです。

Img140207002
悪いことに、その日の仕事のギャラは集金できちゃったのでお財布には十分に購入できる予算があったわけで。(笑)
でもLUMIX GX7を買ったばかりだし、今月はNEX用のワイドコンバーターやお財布なども買ってるので全額キャッシュは気が引けます。なので買うなら30Kをキャッシュにして残りをカードにしようかな♪
って、あんまり意味ないかな。(笑)

Img140207003
お店で色々試してみて・・・当初はシルバーにしようと思っていたのですが、思いのほかブラックがお気に入りに。さらに当初は5Rにしようかと思っていたのですが、価格も同じAランクで後から発売されたらしい5Tにすることに。

さてさて・・・電子ビューファインダーを取り付けてみると、おやおや、思ったほどにかっこ悪くない?そりゃGX7のように最初の設計から組み入れられた美しさは無いものの、モックアップとか開発途中の模型っぽさがあって、そこがちょっとした遊び心をそそる外見になります。αLENSアダプターに近代インターナショナルのM42アダプターを取り付けてみてホールドしてみると、その設計の工夫がすぐに伝わってきます。
NEX-3より小さくなっているのにグリップの形状を変えたことにより、指の長いボクでもカメラをしっかりホールドできます。これは脱帽。

Img140207007
さらにGX7だと電子ビューファインダーが左端についているのですが、このNEX-5Tに後付するとカメラの中央に。
これは良し悪しの好みが分かれますよね。GX7でのウエストレベル(厳密にはウエストではないですけど)撮影で、どうもしっくりこなかったのは、このビューファインダーの位置。左側だとグリップが右にずれてしまい窮屈になってしまうのです。でもDESIGN的には、この選択でよかったの?うーん、うーん。やっぱりカメラの中心にファインダーがあったほうがボクはよいと思いますが、どうなのでしょうか。

Img140207008
紆余曲折あったGX7のホワイトバランスやらコントラストやらライト&シャドウ問題ですが、設定を煮詰めてかなり追い込めたのです。今回のNEX-5Tを撮影したのはGX7、もう色補正はゼロで、取り込んでリサイズ&トリミングして終わり。やっと好みカメラにすることが出来ました。

NEX-5Tに電子ビューファインダーをつけてマニュアルFOCUS&マニュアル露出!マニュアルでのピンと合わせも5Tはボタンひとつで拡大して見ることが出来るのでゆっくりとピントや露出を決定することが出来ます。
これこれ!オールドLENSファンの方は、この組み合わせを一度検討しても良いのでは。

////////////////////////////////////////

Img140207009

描写はNEX-3より良くなったのかな?その辺はこれから使って確かめていきましょう。
スタイリング的には好みが分かれそうですが、先にも言いましたがとってつけた感がそこそこいけています。

Img140207006
グリップも底面保護のためブラックとブラウンを購入。
なぜ二つなのかというと、このグリップがなんと半額以下に投売りされていてひとつ¥980だったからなのです。たまにあるんですよね、大人の事情の投売りが。


完成されたGX7がZガンダムなら、電子ビューファインダーを後付したNEX-5TフォルムはガザCといった所でしょうか。ちょっとマニアックな表現かと思いますが、ボク的にはどちらも好きなのです。(笑)

Img140207010
DESIGN的には遠く及ばないでしょうけど、電子ビューファインダーがカメラ中央についているためにカメラのホールドの良さはNEX-5Tがかなり良いです。握りやすいグリップにLENSを包むようにしてホールドして、ファンだーを上から覗き込みながらピン合わせや露出を決定して・・・じっくりとオールドLENSで撮影できる楽しさを実現してくれます。

対してGX7は最初から本体デザインに組み込まれたチルトする電子ビューファインダーなので、街への持ち出しやすさは特筆もの。もう毎日持ち歩きたいくらいなのです。
一応、描写の問題はかなり設定を追い込んだので、持ち歩く機会が増えそうなのですが、街撮りカメラばかり増やしてどうするんだ?って話しで。(笑)

つづく・・・

« NEX-3の実力と・・・ため息のLUMIX GX7 | トップページ | NEX-3広角強化計画:E16mm + ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1 »

シャシン|ネコたちのツゴー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5Tと愛猫と・・・Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35:

« NEX-3の実力と・・・ため息のLUMIX GX7 | トップページ | NEX-3広角強化計画:E16mm + ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1 »