2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

NEX-5T+LA-EA2+SAL70300Gの梅撮影

NEX-5T(E-MOUNTのbody)にLA-EA2を装着するとAマウントのレンズがAFやAEも使えるようになるので、早速SAL70300Gを装着して梅撮影に。

Img140227001
前回のご近所の梅の木は背が高くて見上げるアングルが多くて、重いα77+SAL70400Gでの長い撮影にちょっと不向き。そこで今回は前回とは違う某墓苑に二本だけある梅の木を見に行くと、白い梅は満開!状態。もう一本の赤い梅はなぜかぽつぽつとしか咲いておらず、これからなのかな?

Img140227002
Aマウントはbody内手振れ補正なので、当然ながらSAL70300Gには手振れ補正機能がありません。そしてE-MOUNTはレンズ内にてぶれ補正が仕込んであるそうで、NEX-5Tにも手振れ補正が無いので当然、手振れ補正無しの撮影になりましたが、

Img140227003
どちらかというと、手振れ補正って本当に有効なの?と思っているほうなので、別に無くて不便とか無かったです。それよりもAマウントカメラの高感度処理がどれもイマイチなのに対して、NEXではかなり綺麗に補正してくれます。
どちらかというと、手振れ補正よりこっちの恩恵の方が大きいよね!

この梅の木、低い位置にあるので、あれこれ角度を変えて撮影したり。

続きを読む "NEX-5T+LA-EA2+SAL70300Gの梅撮影" »

2014年2月25日 (火)

NEX-5T+LA-EA2+SAL70300Gの手ごたえ・・・

実のところ、どうしても必要ということではないので、購入にはかなり迷ったのが、NEXシリーズでαマウントレンズを装着してAFなどが効くというマウントアダプターLA-EA2なのです。

Img140225001
公式サイトによると「マウントアダプター本体には、AF駆動用のモーターを搭載。さらに、高精度なピント合わせを可能にする3点クロス15点AFセンサーの搭載により、Aマウントレンズで高速オートフォーカスが可能です。」だそうで、高速なAFが可能なのだとか。

Img140225002
コンパクトなSAL70300Gを装着。かなり軽い35mm換算450mmの出来上がりです。AFが速いのにビックリ!

でもαマウントのカメラを仕事により使い分けしている(特に光学ファインダーは三台使い分けしています)ので、別にNEXにAマウントのレンズを装着する必要は無いのです。無いのですが・・・

Img140225003
もしも来年α7Rを購入したら?そう考えるとα900にて使用しているCarl Zeiss Jena SONNAR 3.5/135も使えることだし、買っておいてもいいかな?などと、かなり中途半端な購入理由で販売店を探してみると、結構、お高いのですねぇ。これ。(笑)

Img140225004
ということで、オークションにて状態の良いのに入札。必要に迫られているわけでないので、これで落札できなかったら諦めようと17Kを入れると見事に落札。あらら、手に入っちゃったよ。(笑)

Img140225005
そして本日届いたLA-EA2、ちょっと作業が忙しかったので持ち出すことが出来ないので、NEWX-5TにLA-EA2をかまして70-300mm F4.5-5.6G SSM SAL70300Gを装着。日向ぼっこしているMayちゃんを狙ってみると・・・

うそ、AF速くない?
何だかαで使うより速いような?というか、まるで専用設計されたようなスムーズな動作にビックリ。
これなら使えるね!
NEX-5Tの画に手応えを掴みつつあるので、持ち出すのが楽しみに。

続きを読む "NEX-5T+LA-EA2+SAL70300Gの手ごたえ・・・" »

2014年2月23日 (日)

このLENSだから・・・ご近所の梅とα77+70-400mm F4-5.6G SSM

2/16、どうしても必要な梅撮影、雪が降ったり、お仕事で出かけたりで撮れなかったのですが、雪の後、近所に一本だけある梅の木を撮影に。

Img140223001
このSAL70400Gというレンズは現在Ⅱ型になっていて、Ⅰ型は銀色の筐体というちょっと変わったLENSなのですが、この描写がとにかくすごい・・・
かつてα900にCarl Zeiss Jena SONNAR 3.5/135を装着してシャッターを切ったとき電気が走ったのですが、このレンズで初めて野鳥を撮影したときも同じような衝撃が走りました。

Img140223002_2
それ以来、趣味の野鳥だけでなく、月ごとに使用するお花撮影など、幅広く使用しているのですが、このLENSで無いと!というくらい勝負LENSになっています・・・が、とにかく重くて縦位置グリップを装着したα77で使用すると長く構えているのが苦痛なくらい。

梅を撮影していると、ふいにメジロが現れて・・・「梅にメジロ」な絵になるかな!

続きを読む "このLENSだから・・・ご近所の梅とα77+70-400mm F4-5.6G SSM" »

2014年2月22日 (土)

LUMIX GX7と・・・西新井編

最初の設定に腰砕けになってしまったGX7の描写、あれから設定を煮詰めてどうやら見れるようになったかな?と。
Img140222001
そうなると、このスタイリングは反則なほどに街撮りにはピッタリ!手放せないカメラになったのです。
ちなみにLeica D-LUX4に装着していた光学ファインダー フォクトレンダー35mmを装着するとチルトするファインダーやポップアップするフラッシュに干渉することなく、計ったようにピッタリ装着できました。もう、見た目は古めかしく作ってあるけど新しさも融合したネオ・クラシカルという趣でしょうか。

今回撮影の設定なのですがDefaultではYが足りずC浮きが目立つので色温度:5400K A2 G1に。
更に白飛びするくせにシャドウは潰さない設定なのか画がだらしなくなったりするのでトーンカーブでライトを飛ばさないように設定して、スタイルでコントラストと彩度をあげて今回の撮影に。GX7の描写にぶっ飛んだ方は色々試してみてください。

Img140222002
この日は荒川区の西新井に。独立営業しているので交渉もひとりで行うので、色々な駅に出向いたりします。
この日は雲の多い白っちゃけた空。でも設定が効いている?

Img140222003
シャドウは相変わらずディテールを残そうとするプログラムですが、

Img140222004
絞りや露出で多少引き締めます。

Img140222005
縦や横線の交差するミスマッチな場所探しも街撮りの楽しさでしょうか。

Img140222006_2
環七沿いにこんなお店がありました。必要な人が知ったら便利なお店になるのでしょう。ちなみに隣のお店はライブハウスで出場バンドを募ってました。

続きを読む "LUMIX GX7と・・・西新井編" »

2014年2月15日 (土)

雪のあと・・・|近所の神社へ・・・その2|NEX-5T+Carl Zeiss Jena SONNAR 3.5/135とNEX-3+16mm+VCL-ECU1

美しくボケるレンズはやっぱり高価であり、それだけにその魅力に惹かれるものですが、このレンズは現代のLENSであるCarl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZAではなく・・・
Img140215001
その時代のレンズは何年かかけて冷やして作ったらしいのですが、まさしくその時代に作られたズシリと重い鉄で出来たM42のCarl Zeiss Jena SONNAR 3.5/135がこのLENSです。

Img140215002
美しいボケはピンの合う範囲が狭いのですが、その代わりに背景に何があるのか分からなくなってしまうほど。散らばった部屋にダンボール、そんなときでも望遠でぼかしてしまうとそれなりに。
ピンの合う範囲が異様に小さいのでほんの数センチでボケてしまうことがあるので、合わせる位置にちょっとだけご用心。

Img140215003
前回の続きで、雪の後の神社。
梅を探して藪の中に・・・蝋梅が一本あるところに向かいますが、残念ながら咲いていなくて。木々から雪のしずくが落ちてきて気が気で無い中で、ちょっとだけ藪を撮影。

Img140215006
それとワイドコンバーターを取り付けて35mm換算18mmという超広角に生まれ変わったNEX-3+16mm+VCL-ECU1の組み合わせでの試写、これは自分的に用途があるので絞りやホワイトバランス調整もしてみて、少し安堵。

続きを読む "雪のあと・・・|近所の神社へ・・・その2|NEX-5T+Carl Zeiss Jena SONNAR 3.5/135とNEX-3+16mm+VCL-ECU1" »

2014年2月12日 (水)

雪のあと・・・|近所の神社へ・・・その1|α77+SAL70400G

都心ではあまり体験しない雪、ちょっと積もると大変なことに!
幸い8日は自宅でお仕事だったので事なきを得ましたが、どうしても早急に梅の写真が必要なので大雪のあと、近所に梅を撮りに出かけたのですが・・・

Img140212005
その日持ち出した三台。

α77+70-400mm F4-5.6G SSM SAL70400G
NEX-5T+Carl Zeiss Jena SONNAR 3.5/135
NEX-3+E16mm+VCL-ECU1

Img140212002
割と晴れた午前中、積もった雪は思ったより深く足をとられて、歩くのもちょっと困難な中、雪でお腹をすかせた野鳥たちが結構出てきています。

Img140212003
柵越しにコゲラ発見。
残念なことに柵が邪魔でピンが合い辛いのですが・・・
キツツキなので頭を激しく木に打ち付けるのでぶれてしまうことが多いので、α77の連写で撮影します。勿論、ISOは200固定。なのでぶれないように必死でカメラを押さえ込みます。(無駄な抵抗ですが。)
というか、梅撮影忘れて夢中で野鳥を追ってしまいます。(笑)

続きを読む "雪のあと・・・|近所の神社へ・・・その1|α77+SAL70400G" »

2014年2月 8日 (土)

NEX-3広角強化計画:E16mm + ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1

NEX-3無印は発売してすぐSONY STOAで限定色のシルバーを購入して、届いてすぐに上海に招かれたので持ち出した思い出深いカメラなのです。

Img140208001
現行機種のシルバーより明るい銀でとっても綺麗な限定色なのです。

その後はAマウントと比べると凡庸な描写のためE16mmでの撮影はもっぱら不動産物件撮影用(一応、簡易ながらもお仕事)と私用では記録用としてとしか使っていなかったのですが、

35mm換算24mmのE16mmにワイドコンバータを装着すると12mmになるとかで!12mmというと35mm換算18mmという超広角として私用することが出来るのです。これはこれで用途がみつかりそう?無いかな?(笑)

雪なので持ち出せはしなかったものの、装着感や比較写真にて画角の違いを。

続きを読む "NEX-3広角強化計画:E16mm + ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1" »

2014年2月 7日 (金)

NEX-5Tと愛猫と・・・Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35

LUMIX GX7の初期設定に仰天してしまったわけなのですが、NEXシリーズでチルトできる機種は無いの?と思って探してみると外付け電子ビューファインダーFDA-EV1Sというのを後付すれば可能になることが分かりました。

Img140207001
うーん、こうなったら拘ってみようかな。どうやら電子ビューファインダーを取り付けられるのはNEXの5N、5R、5Tらしく、その辺の機種を中古で入手出来ないかと中野の某フ○ヤカメラに向かったというわけです。

Img140207002
悪いことに、その日の仕事のギャラは集金できちゃったのでお財布には十分に購入できる予算があったわけで。(笑)
でもLUMIX GX7を買ったばかりだし、今月はNEX用のワイドコンバーターやお財布なども買ってるので全額キャッシュは気が引けます。なので買うなら30Kをキャッシュにして残りをカードにしようかな♪
って、あんまり意味ないかな。(笑)

Img140207003
お店で色々試してみて・・・当初はシルバーにしようと思っていたのですが、思いのほかブラックがお気に入りに。さらに当初は5Rにしようかと思っていたのですが、価格も同じAランクで後から発売されたらしい5Tにすることに。

さてさて・・・電子ビューファインダーを取り付けてみると、おやおや、思ったほどにかっこ悪くない?そりゃGX7のように最初の設計から組み入れられた美しさは無いものの、モックアップとか開発途中の模型っぽさがあって、そこがちょっとした遊び心をそそる外見になります。αLENSアダプターに近代インターナショナルのM42アダプターを取り付けてみてホールドしてみると、その設計の工夫がすぐに伝わってきます。
NEX-3より小さくなっているのにグリップの形状を変えたことにより、指の長いボクでもカメラをしっかりホールドできます。これは脱帽。

Img140207007
さらにGX7だと電子ビューファインダーが左端についているのですが、このNEX-5Tに後付するとカメラの中央に。
これは良し悪しの好みが分かれますよね。GX7でのウエストレベル(厳密にはウエストではないですけど)撮影で、どうもしっくりこなかったのは、このビューファインダーの位置。左側だとグリップが右にずれてしまい窮屈になってしまうのです。でもDESIGN的には、この選択でよかったの?うーん、うーん。やっぱりカメラの中心にファインダーがあったほうがボクはよいと思いますが、どうなのでしょうか。

Img140207008
紆余曲折あったGX7のホワイトバランスやらコントラストやらライト&シャドウ問題ですが、設定を煮詰めてかなり追い込めたのです。今回のNEX-5Tを撮影したのはGX7、もう色補正はゼロで、取り込んでリサイズ&トリミングして終わり。やっと好みカメラにすることが出来ました。

NEX-5Tに電子ビューファインダーをつけてマニュアルFOCUS&マニュアル露出!マニュアルでのピンと合わせも5Tはボタンひとつで拡大して見ることが出来るのでゆっくりとピントや露出を決定することが出来ます。
これこれ!オールドLENSファンの方は、この組み合わせを一度検討しても良いのでは。

続きを読む "NEX-5Tと愛猫と・・・Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35" »

2014年2月 6日 (木)

NEX-3の実力と・・・ため息のLUMIX GX7

改めて言うまでもないのだろうけど・・・
SONYのEマウント、つまりNEXシリーズの描写は買ってきてすぐにそのポテンシャルの高さを体感できるかと思います。
Img140206001
Aマウントと違った味付けのEマウント。
高ISO処理が驚くほどクォリティが高く、手持ちで夜景も取れるのを活かして、不動産などの物件撮影に大活躍します。
(竣工写真ではなく、あくまで不動産レベルで。(笑))

Aマウントカメラの高ISOでの画処理とは一線を画した設定、つまりISOをオートにしてもほとんど画が荒れないのです。(Aマウントは色々ありますよね。でもね、納品するレベルはISO200固定だから、気にならないのですけどね)

Img140206002
WBは若干、マゼンタよりに傾くものの、GX7ほどひどくはありません。

つまり、これがNEXの当たり前なのだから、LUMIX GX7に対して不満が出てきても仕方の無いことでしょう。

Img140206003
マニュアルFOCUS撮影のM42系も難なくこなしてくれます。
これがNEXシリーズ初期の3なのですから驚き。
白飛びも極限まで抑えられます。というか、気にしたこと無い!(笑)


高ISOが使えるミラーレス、この恩恵は計り知れず、様々なマウントのLENSを所有しているユーザーにとってはうれしい限り。ただLUMIX GX7だって同じことができるはず・・・

Img140206004
何だか、比べるのがばかばかしいほどに・・・(笑)

しかし!・・・GX7がマイクロフォーサーズの当たり前なのだとしたら、考えを改めるべきなのかもしれませんね・・・(というか、発売前にもう少し煮詰めて!)

続きを読む "NEX-3の実力と・・・ため息のLUMIX GX7" »

2014年2月 4日 (火)

LUMIX GX7|上野から馬喰町・・・

これは、もしかして・・・次世代には残せないかも?
Img140204008
一体、この国の活気はどこへいってしまったのだろう?
どの街や商店街でも等しく歩いている人の数が少なく感じて

Img140204001
有名だった商店街、もしかして10年後は・・・

Img140204002
その様相が大きく変わってしまっているかもしれない

続きを読む "LUMIX GX7|上野から馬喰町・・・" »

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »