2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

壊れたG300と・・・LUMIX GX7 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35

とにかくG300は初めて購入したゲーミングマウスであり、使いやすさからお仕事でも手放せなくなっていたのですが、先日ドラッグが出来なくなってしまいやむなくもうひとつ、Amazonで購入することに。
Img140128003
早速届いたG300・・・って、あれ?一緒に注文したマイクロフォーサーズ用のM42アダプターが同梱されてる!さらにLUMIX GX7専用本革ボディケース ブラウン DMW-CGBX7-Tも来たしで、いっぺんにグッズが揃っちゃったね。

Img140128004
ウキウキしてM42マウントアダプターをLUMIX GX7に装着して「レンズはどれにしようかな」とりあえず定番であるCarl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35にしておこうか。ゼブラタイプは見栄えもするしね。

くるくる・・・ネジ式(スクリューマウントと呼ばれています)なのでLENSを回して装着。もちろん!ピン押しタイプなのでフレクトゴンシリーズを全部装着することが出来ます。
これ以上回せない位置になると・・・なんと!レンズの位置が真上に来ない!
うゎー、さすが安価なのはダメだなぁ。(笑)
どうやらネジがあって、これを外して調節できそうなのですが・・・まぁ、このままでも撮れない事もなさそうなので真上に来ないことは目をつぶることに。

続きを読む "壊れたG300と・・・LUMIX GX7 + Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/35" »

LUMIX GX7|昨日・・・ミアゲタソラ

幼い日に通った公園・・・
滑り台は見上げるほど高くて、
Img140128001
ゾウやキリンの上に乗ろうものならしがみついてまたがなくてはならなかった
あの頃、ミアゲタソラはどこまでも高かった・・・

あれから時が流れて・・・
ゾウやキリンより背が高くなったら
それらは急に色褪せてしまい・・・公園から足が遠のいた

Img140128002
あれから時が流れて・・・
大人になるに連れ、言葉に尾ひれがつき
本心は・・・しぼんでしまった

続きを読む "LUMIX GX7|昨日・・・ミアゲタソラ" »

2014年1月25日 (土)

LUMIX GX7を買ったリユー

以前はDesignの補助でしかなかった写真撮影もいつの間にか「撮影だけのお仕事」が増えてきたりして・・・

Img140125001
実は写真の撮り方を理解できるきっかけになったカメラがあって・・・それはボクの中ではターニングポイントとなった機種なのですが、わけがあって売却してしまいました。
そのカメラの大きな特徴は外付けでEVファインダーを装着できてチルトさせるとウェストレベルで撮影できたのですが、そのファインダーを覗きゆっくりと露出を決定して行く中で多くのことを学ぶことが出来たのです。
Img140125002
(もう一度・・・ウエストレベル出来るようなカメラってないのかな・・・)
どうしてもチルトするEVファインダーのカメラが欲しくなって探してみると、運がいいのか、発売したばかりのLUMIX GX7を発見。
あれ、これってマイクロフォーサーズ?どうやら35mm換算するとAPS-Cの1.5倍を上回る2倍になるそうで。(笑)
うーん、それにLENS小さいねぇ。2倍になるメリットは野鳥撮影でアドバンテージありそうだけど、やっぱりLENSが心配・・・
でも、まぁ、一年に一度は新しい機材を増やすことにしているので今年はGX7を購入することに。
ユニバーサルマウントであるM42をコレクションしていることもありアダプターもAmazonで注文。
うんうん、このGX7ならM42LENSも似合いそうだね!
アダプターが届いたらCarl Zeiss Jena FlektogonやCarl Zeiss Vario-Sonnarなどで撮影してみようかな・・・って!焦点距離、二倍になるんだっけ?(笑)
とっても雰囲気だけで購入したGX7、その用途は未定なのですが、機能とスタイリングが気に入ってしまったのです♪
※GX7に装着しているファインダーはあのロシアの工業製品ターレットで、装着するとEVファインダーはチルト出来なくなります。(笑)

続きを読む "LUMIX GX7を買ったリユー" »

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »