2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« Origin:CRYSISとCRYSIS WARHEADがダウンロードできない件について PART3 ~新たなるトラブルへの序章~ | トップページ | Wizardry Chronicle:クロニクル戦記004:枢機卿側悪パーティ結成! »

2012年7月 9日 (月)

THE TEMPLE OF ELEMENTAL EVIL:PLAY日記001:果たして名作だったのか?ホムレットの村からSTART

当時、D&Dの最新ルールでBaldur's GateやIcewind Daleなどの従来のルールに飽きていたこともあってかなり新鮮に印象を与えてくれたTHE TEMPLE OF ELEMENTAL EVIL。しかしPLAYERが実際にPLAYした印象ではPLAYしていくとせっかくの細かいルールも細分化されすぎたためまとまりの欠如が顕著となり、新しい試みのラジアルメニューも洗練さを欠くため使い辛く、戦闘は一人一人ターン性なので敵が多いほど時間がかかってしまい中盤に行くほどだれてしまう始末で、GAMEで一番盛り上がるところで放置になってしまったのですが・・・
Toee120708001

Baldur's GateとIcewind Daleの使い古されたグラフィックからTHE TEMPLE OF ELEMENTAL EVILでは新しいグラフィックで期待感が盛り上がるし、内容的にも小さな地域で起きたことから徐々にスケールの大きな事件に関わっていく過程など後一歩で名作に推されていたのではないかという佳作に終わった感のあるTHE TEMPLE OF ELEMENTAL EVIL、ライブドアでローカライズした日本語版も序盤はレビューなどで取り上げられるから丁寧に作り、中盤移行は機械化翻訳っぽく手抜きが目立ってしまいイメージを損なったのも痛かったですが、日本語版は2.0までのpatchが初めから当ててあるそうで、PLAYERもPLAYしていてそうひどいバグに見舞われた記憶はありません。
「Game JackalでNO CD/DVD化してみたことだし、久しぶりにPLAYしてみようかな」
そう思って起動してCharacter作成から始めてみると・・・やっぱり項目多すぎて作るのさえおっくうになるくらい?(笑)
”そぎ落とすこと”も大切な要素ではないかなぁと、つくづくティム・ガンの言葉が脳裏に去来するPLAYERなのです。

////////////////////////////////////////

Toee120708002
キャラクター作成はステータスの値をダイスを振って決めます。よい値が出るまで・・・と言いたいところなのですが、どの値が必要なのかは、何度かプレイしてみないとわからないかと。

Toee120708003

たくさんあるスキルもプレイしてみないと実際どれが必要なのかわかりづらいでしょう。
細分化されたスキルや特技は作成するキャラクターの将来性を決めていくのでパッと見で戦死系ならこれ、魔法系ならこれ、という風に直感で選んで行けはしますが、実際にプレイした感じでは「あ、なるほど、この特技はこういう時に役立つのか」など、冒頭をPLAYしてから本格的にCharacterを作り直して、再スタートが一番のように思えます。

PLAYERも主人公格のダルタニアンはバードでスタート、マルチで戦士を加えたのですが、戦士にしては中途半端な特技とステータスに器用貧乏キャラになってしまい作り直しを余儀なくされました。カリスマが高いと会話でクエストを進める選択肢が出やすくて、村人との会話などにはバードが適任なのですが、いかんせ戦闘も魔法も序盤は中途半端。カリスマが高いのでソーサーラーとのマルチがあっているとは思うのですがPLAYERはローグのアラミスがソーサーラーとのマルチにする予定なので、作り直して二刀流戦士としても活躍できるようにします。

序盤試しPLAYした限りでは命中率、威力ともにバーバリアンが頭1つ2つ抜けていて印象で戦闘の要になりえます。クレリックは装備的に守りが堅くなるものの命中率と威力がバーバリアンに遠く及びません。というかバーバリアン以外の攻撃ってこんなにも当たらないものなの?というくらい序盤は当たりません。(笑)
Toee120708004
アライメントはカオティックニュートラルでSTART。

Character:
THE TEMPLE OF ELEMENTAL EVILはBaldur's GateやIcewind Daleほどマルチに厳しくはなく、レベルアップ時にどの職業でもいくつでも加えていくことが出来ます。しかし選んだ職業がレベル1つまでしか離れていないとペナルティが発生するので2つ以上離れないように交互にレベルアップしていくのが良いでしょう。

ポルトス:バーバリアン
マルチにはせず、生涯グレートソードのバーバリアンオンリーを目指します。

アトス:クレリック
バトル僧侶を目指します。メイス+盾僧侶戦士。
しかし重装備のためパーティ1足が遅くなってしまいます。

ダルタニアン:バード
バードの器用さで戦闘補助と会話主体+二刀流で戦闘に寄与する予定。

アラミス:男装の麗人:ローグ+ソーサーラー
ローグで開錠と戦闘も急所を突いたりしてかなり有用、加えてソーサーラーの使いやすいマジック、パーティ唯一のマルチを目指します。

コンスタンス:ウィザード
魔法使いオンリー。

Toee120708005
噂のラジアルメニュー。使いやすいような、そうでないような・・・
そんな微妙な操作感でイマイチなのですが当時としては革新的だった?

Toee120708006
どこかのダンジョンで宝探しをしているところからSTORYがSTART。
ローグのアラミスの忍び足で目の前まで近づいても気づかれないの?(笑)
ミスト系のモンスターを倒して鍵を入手。

Toee120708007
アンデッドにはクレリックのターンアンデッドが異常に有効です。

ターンアンデッド発動ターン中、アンデッドは逃げるばかりで反撃をすることが出来ないため、この時点では強敵のゾンビたちも一方的に攻撃することが出来ます。

Toee120708008
小さい文字の会話画面・・・読む気が萎えてしまいますし、翻訳もかなり変な日本語が出てきたり。会話で注目や重要部分は注釈が出たり鈴の音で知らせてくれたりして、それなり親切?でも・・・

アンデッドを倒すとホムレットとという村の地図が手に入り、ホムレットに行くことができるのですが・・・かなりイービル系なパーティなのに・・・ホムレットでの会話ってばどうも温い・・・
こんな進行なら性格わけなんて必要ないのでは?

いやさ、ホムレット自体、必要だったのかどうか・・・

「恋のキューピット」なんてクエストが始まった日には「ぉいぉい、なにしにこの村に来てるんだ?このパーティは・・・」と思わず嘆いてしまった人も多いのでは?

加えて小さいフォントで読みづらいし、変な翻訳で萎えてしまうし、どうでもよい村にある些細な揉め事の仲裁ばかりだし、ホムレットでの一連は本当に苦痛に感じてしまいます。

受けても達成する必要もないので、適当に進めることにしますが、もう少し華のある進行でもよかったのに、とつくづく残念。
Toee120708009
クエストナビがないため、解決して依頼主に戻るのが大変。
どこにいるのか分からなくなるのでフラグで自分なりのメモを残すことにします。結局、かなり丁寧にプレイしちゃうことになる?(笑)

Toee120708010
本当に久しぶりのTHE TEMPLE OF ELEMENTAL EVIL PLAYで内容は全く覚えていないので、それなり新鮮。
イカサマを暴いてようやくクエスト達成ですよ。

Toee120708011

そんな村のクエストを無理に達成して経験値を稼ぐ方法とは別に、戦闘でレベルあげに良いのはワールドMAPでデクロの森に行って、そこで休息をとりつつ襲ってくるモンスター相手に戦闘をこなしていくのがITEMも入手できるし戦闘にも慣れられるし良いのかもしれません。

Toee120708012
デクロの森でスパイダーとの戦闘。

Toee120708013
スパイダーは糸を吐いてパーティの動きを止めてきますが、セービングスローと言って抵抗力が打ち勝つと魔法などの効果を受けずにすみます。
ポルトスとアトスが糸に打ち勝ってスパイダーを追い詰めます。

Toee120708014
スパイダーを倒したらしばし経験値稼ぎ。
1日ここでキャンプすると例外なく敵と遭遇して戦闘になります。

Toee120708015
海賊は倒した後のITEMが楽しみ。弱いしね♪

Toee120708016
海賊たちは身包み剥がされて死体をさらします。(笑)
このアンデッドとの戦闘後、待望のレベルアップ!

と、ここでWindowsを休止して、しばらくしてから復帰、再度THE TEMPLE OF ELEMENTAL EVILを起動すると・・・げ!BLUE SCREEN!
どうも古いGAMEをPLAYした後の休止って不安定になる原因?
せっかくNO CD/DVD登録したGame Jackalの内容もクラッシュしてしまい1からやり直しに;;

Game Jackal登録はGAMEによって設定が違うのでかなりの時間とられてしまうのです。

再度クラッシュしたとき用に登録のステータスをメモしておきます。

■Game Jackal:GAME PROFILE
Wizardry8:
Securom Protected Game (Lossy Image - Experimental)

Reign:Conflict of Nations:
Securom Protected Game (Fast Scan)

Disciples III :
Securom Protected Game (Fast Scan)

Age of Mythology:
Safedisc Protected Game (Generic Profile Map)

Sacred PLUS:
Securom Protected Game (Fast Scan)

THE TEMPLE OF ELEMENTAL EVIL:
Securom Protected Game (Fast Scan)

Baldur's Gate:
Safedisc Protected Game (Generic Profile Map)

Baldur's Gate2 SoA:
Safedisc Protected Game (Generic Profile Map)

Icewind Dale:
Safedisc Protected Game (Generic Profile Map)

Icewind DaleⅡ:
Safedisc Protected Game (Generic Profile Map)

さてさて、久々のTHE TEMPLE OF ELEMENTAL EVILのPLAYでしたが、そこそこ楽しめています。ただし戦闘がBaldur's Gateのようにリアルタイムでなくターン性なので敵の数が多ければそれだけ順番を待つために必然、戦闘は長くなって飽きがきてしまうでしょう。

ともあれTHE TEMPLE OF ELEMENTAL EVILは名作だったのか、それとも迷作だったのか、PLAY日誌をつけながら検証していきたいと思います。

« Origin:CRYSISとCRYSIS WARHEADがダウンロードできない件について PART3 ~新たなるトラブルへの序章~ | トップページ | Wizardry Chronicle:クロニクル戦記004:枢機卿側悪パーティ結成! »

THE TEMPLE OF ELEMENTAL EVIL」カテゴリの記事

06.Game Jackal」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« Origin:CRYSISとCRYSIS WARHEADがダウンロードできない件について PART3 ~新たなるトラブルへの序章~ | トップページ | Wizardry Chronicle:クロニクル戦記004:枢機卿側悪パーティ結成! »