2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« The Elder Scrolls V:Skyrim:003:スカイリム コンソール | トップページ | どうせヘタレですから・・・Post Apocalyptic Mayhem »

2012年1月 6日 (金)

これって面白い?Sid Meier's Civilization® V : Game of the Year

「シド・マイヤーズ シヴィライゼーションⅤ 購入」

お話は去年に遡ってしまいますが、Sid Meier's Civilization® V : Game of the Yearが2011/12/31にSteamでセールになりました。
このGame of the Yearには下記が含まれます。

Sid Meier's Civilization 5 (standalone game)
Civilization and Scenario Pack: The Mongols
Civilization Pack: Babylon
Cradle of Civilization Map Packs: Mesopotamia, Americas, Asia and Mediterranean
Double Civilization and Scenario Pack: Spain and Inca
Civilization and Scenario Pack: Polynesia
Civilization and Scenario Pack: Denmark - The Vikings
Explorer's Map Pack
Sid Meier's Civilization 5 digital soundtrack

いやはや・・・(笑)
これって面白いのかどうなのか、調べている最中だったんですよねぇ。
あまりのタイミングの良さにびっくりしながらも、いくらなんでも12月は買いすぎだったので、元旦の1日になってからぽちっとしました。

////////////////////////////////////////
結局買うんだったらいつでも同じなんですけどね、ちょっとした分散で罪悪感を軽減したわけで。
Steamでの散在記録は下記になります。

■2011/12
・The Elder Scrolls V:Skyrim:$40.19:\3,134
・Borderlands:$4.99:¥382
・Bastion:$5.9:\460
・King's Bounty: Armored Princess + Crossworlds:$14.99:\1,169
・Left 4 Dead Bundle:$7.49:\582
----------------------------
合計:\5,727

■2012/01
・Sid Meier's Civilization® V::Game of the Year:$20.39:\1,590
----------------------------
合計:\1,590
------------------
Steam 累計:\5,727+\1,590=\7,317

結構、使ってますし、どれもプレイなんてしてませんね。
でもかなり有名なタイトルの シヴィライゼーションⅤ、期待しながらも早速起動してみますと、

Civilizationv_dx11_20120101_0933419
文明を多く選べるのはGame of the Yearのおかげでしょうか。
ローマを選んでチュートリアルプレイをしてみます。

Civilizationv_dx11_20120101_0945298
開拓者や戦士は1ターンに2歩しか動けないので、ゆっくりと良い土地を見つける余裕はありません。
適度なところで妥協して町を建設します。

Civilizationv_dx11_20120101_1011598
我がローマに蛮族が進入!早速戦士で排除します。
初戦闘・・・戦闘シーンちょっとしょぼくないかなぁ。(笑)

内政とか、選んでクリックしていくだけ?ちょっと簡略化しているような?
ほかの文明とか発見しますが、今のところ武力も整ってないし、外交手段もゴールド与えるくらい?なので、お金も無いので無視状態です。

んー、これって面白いのかなぁ。(笑)
なんか、もっさりしているような印象。軍隊整ってくると面白くなるのかな。
でも、その前に飽きて終了です。(爆)

Civilizationv_dx11_20120104_0345010  Civilizationv_dx11_20120104_0328004
翌日・・・「あれ?ラムセス2世が負け惜しみ言ってきた?」何気なく勝利?勝ったの?というところまでプレイしてしまいました。
「え?何だか、もっさり進行って、割りにやりやすかったり?」
緊迫感の欠如、正直やることも限られてくるのですが、だからこそ、もう1ターン、もう1ターンと気づいたら結構プレイしていることに気づかされます。

じゃあ、面白いの?と聞かれると・・・ボク的には今回でお腹いっぱい、次回作には手を出さないかなぁ、と。
今回のバージョンで内政などもただ選んでいくだけの簡略化になったそうで、終始「まったり&もっさり」っぽく感じられる印象です。
でも、Steamで購入したGAMEで30時間越えたのはこの シヴィライゼーションⅤだけ。(あとはスカイリムが2時間程度)
それを考えると、案外これってプレイする気にさせる中毒性があるってこと?
気軽にいつでもちょいプレイできる「軽さ」(GAME処理が軽いという意味でなくライトなシミュレーションという意味)を持っているため「どれをやろうかな」とSteamのライブラリを見たとき シヴィライゼーションⅤを選んでしまってるってことになります。
ちなみに難度をあげてみると印象はちょっと変わり、かなり好戦的な国が出てきてかなり苦戦します。(笑)

英雄が率いますが、開拓時代(その時代には生まれてもいないはず)から何百年も生きているのかいな?とか・・・
世界地図とかに忠実にできていて、歴史的な出来事を知ることが出来る、なんて期待は見事に裏切られて、ランダムな国配置にランダムな世界の生成 とか・・・
とにかく1ターンにやれることが少なく、かなりの時間目立ったイベントに欠けるため初期が退屈 とか・・・
内政は選ぶだけの簡単さ、これは賛否が分かれるでしょうが、これだけもっさり進行なら”少し頭使えるようにしても良かったのでは?”と、ライトなプレイヤーとしてもちょっぴり物足りなさを感じたり とか・・・
もっさり・・・進んで、たまに蛮族と戦闘・・・そろそろ戦争しようかな・・・やめようかな・・・どうしようかな・・・やっぱりやろうかな・・・みたいなズルズル感・・・
それ故なのか、もう1ターン、と止め時を見失いがち。(笑)

ついついプレイしてしまう、これってコテンパンにされない安心感もあるのかなぁ。(笑)
難易度上げると、きっとコテンパンなんでしょうけどね。
とにかく、いいのか悪いのか、買ってよかったのか悪かったのか、本当に判断付きがたい一本になりました。

////////////////////////////////////////
蛇足ですが・・
このブログのカウンターって、1アカウントに付き1上がるのでないので正確性を大きく損なうのですが、それでも昨日は1000以上カウントが進みました。
そう、例の「スカイリム 起動」系のアクセスが大部分で、自分でも検索してみると「スカイリム 起動しない」だとgoogleで1・2位をとっている始末。(笑)
いや、そんなに沢山起動できない人がいるって事自体、大問題ですよ。メーカー側はしっかり対処していただきたいですね。
パッケージ発売は今月1/26と目前に迫ってます。おそらく・・・日本語は同じ仕様だと思いますので、発売してからサポートは大変なことになるのでは・・・
うーん、ちょっと今から心配になってしまいますね。(余計なお世話ですが)
////////////////////////////////////////

« The Elder Scrolls V:Skyrim:003:スカイリム コンソール | トップページ | どうせヘタレですから・・・Post Apocalyptic Mayhem »

02.Steam」カテゴリの記事

Sid Meier's Civilization® V」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これって面白い?Sid Meier's Civilization® V : Game of the Year:

« The Elder Scrolls V:Skyrim:003:スカイリム コンソール | トップページ | どうせヘタレですから・・・Post Apocalyptic Mayhem »