2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« どうせヘタレですから・・・Post Apocalyptic Mayhem | トップページ | Bastion:Home Base »

2012年1月 9日 (月)

簡略化の功罪: Sid Meier's Civilization® V : Game of the Year

抑揚の少ないスタイルからライトなプレイヤーのボクが何気なくプレイしてしまうSid Meier's Civilization® V : Game of the Yearなのですが、難易度優しいクラスだとAIは軍隊すらほとんど作らないので流石にあくびが出るほど退屈。
そこで難易度を普通に上げるとAIも軍隊を作り軍事的な緊張も高まります。条約を一方的に破棄してきたり、いきなり戦争を仕掛けてきたり油断がならない、というか・・・ただの「気まぐれ?」的に難癖つけられて宣戦布告されたりします。(笑)

ある程度の理不尽さは緊張感に欠ける都市成長プロセスを眺めるだけなプレイスタイルに若干の刺激を与えてくれてよいのですが、この シヴィライゼーションⅤは市民の満足度というパラメータが設定されていて、これが都市の成長に大きくかかわってくる設定なのです。
簡易に説明しますが、高級素材とかがあれば満足に傾き、人口増えたりすると不満になったり。
この辺、何度かプレイして感じたのですが、最初のうち、不満になると中々満足に傾けていくことが難しかったです。ある程度なれると「食糧不足だったのか」とか都市のパラメータを見るようになったので気づいたのですが、じゃあ、危機的状況に陥らなければ「都市のパラメータさえ見なかったのか?」ということになりますが・・・はい、そのとおり!まったく気にもとめなかった!(爆)

Civilizationv_dx11_20120108_2000045
資源戦争で鉄を取り合ってスペインと激闘。勝利して鉄を産出する領土の一部を勝ち取りました。
   
やっぱりね、人間って「楽をさせると腐っちゃうんだよ!!!」ってことですよ。
前にも述べたのですが優れたシステムがあれば「成長する過程を楽しむ」のはプレイする上で重要な要素のひとつとなりえると考えます。
国を興るとき・・・産業の開発・成長、思想、学問、科学の発展など、文明が発達する過程を疑似体験できることが大きな魅力となりえる分野のシミュレーションとしてシヴィライゼーションが地位を確保できている理由となっているはずなのに、その成長過程をワンクリックして選ばせるなど簡略化しちゃうと「都市の成長にあまり興味を持てなくなってしまう」ことになってしまうのは必然といわざるを得ません。
どんどん楽に慣れてしまい、しまいには内容すら読まないで適当に選択クリックとか。(笑)

特に シヴィライゼーションⅤには、その部分を強化することって可能だっただけに・・・
さらに外交もAIが担当しない国なんて「いらないくらい簡素な作り」で、ほぼ外交できないし。
それにしても、実装してほしいのは「史実に基づいた世界地図上に正確に実在した文明を配置してスタートできてほしい」と感じます。
イスラム系でプレイして、いきなり隣に「大阪」が出てきたときは興ざめしますし。(笑)
この辺、 シヴィライゼーションⅤをプレイされている方はどう受け止めているのでしょうか。

色々書きましたが、面白くなければプレイなどしません。
面白いからこそ・・・次回は絶対に「頭もちょっとは使えよ」にして欲しいです。
////////////////////////////////////////
ところで体験版があったのでKing Arthur:The Role-playing Wargameをプレイしてみました。
DLCも追加で二本のシナリオが出ているそうで、日本語版も発売されていますが例によって\7,000以上とかなり高額です。
SteamからDL販売も\3,000以上なので、現在は手を出せませんが、セールになったら購入候補ですね。

Launcher_20120109_080521188  Launcher_20120109_080535342
歩兵の行進。重量感があって見事ですね。迫力満点なのですが・・・

Launcher_20120109_081119553
戦闘になると、若干古いGAMEなので迫力に欠けます。(笑)
というか、ユニットは駒で「歩兵」なら「歩兵」でしかありません。故に敵味方まったく同じ色・形なので戦闘がどうなっているか良く分かりません。
「勝ってる?負けてる?てか、どれが死んでる?敵はどっち?」など、戦闘の演出はイマイチ感が拭えません。
せめて色分けしてくれたら見やすかったのになぁ。
それと木々などの障害物の中での戦闘は、何やってるかほとんどわかりません。(笑)
重量感があって、かなり好みなのでここだけすごく残念です。

と、不満点はそれくらい?
日本語MODも体験版で動作しましたし、フォントもお勧めしているArial Unicode MSとかに変更すると割りと読みやすくなります。
セールになったとして全部で\500~\1,500なら買いですね。
ちなみにこのGAMEの2も発売間近。でも残念ながらSteamでは日本語はリリースされてないですね。
日本語版はパッケージで発売するのかも?

« どうせヘタレですから・・・Post Apocalyptic Mayhem | トップページ | Bastion:Home Base »

02.Steam」カテゴリの記事

Sid Meier's Civilization® V」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡略化の功罪: Sid Meier's Civilization® V : Game of the Year:

« どうせヘタレですから・・・Post Apocalyptic Mayhem | トップページ | Bastion:Home Base »