2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Access Counter

カテゴリー

無料ブログはココログ

« King's Bounty:Armored Princess | トップページ | Steam:危険なホリデーサービス Left 4 Dead! »

2011年12月30日 (金)

姫様、お手柔らかに。King's Bounty:Armored Princess

このところ、自分と友人一人がたまに見るくらいだった当ブログが一気にアクセスが上がりました。
どうやら「The Elder Scrolls V:Skyrim:起動」記事にアクセスが集中していて「スカイリム 起動しない」こんなキーワードで検索する人が増えたみたいです。
「うーん、やっぱり、そういう人も出てるんだなぁ」
日本語版パッケージも危ないので、起動できない方はよく読んで対処してみてくださいね。
「The Elder Scrolls V:Skyrim:起動」記事はここをクリックしてください。

大掃除&年賀状もひと段落。夜になって四つもあるKing's Bounty:Crossworlds、早速オリジナルのKing's Bounty:Armored Princessからプレイを始めてみます。

Kb_20111229_195327731  Kb_20111229_195415336

////////////////////////////////////////
難易度は・・・Heroes of Might and Magicで痛い目にあってるからなぁ。(笑)
でも敵が弱すぎても飽きちゃうし。PC GAMEの攻略を事細かに書いてくださっているサイトがあって、そこを参考にしてみると「初心者ならとりあえずなれるために一周目はイージーでやったら?」的なことが書いてあります。
(四つもモードあるし、サクサク進めるためにもここはイージーかな)
職業も「ウォリアー」「パラディン」「メイジ」から選択します。どれが良いのか、よく分からないので、次はパラディンでやることにして、今回はウォリアーから始めることにしましょう。

Kb_20111229_195446586
始まるとお城に入っておとうちゃんと話します。
どうやら、姫様の住む世界が魔王の急襲を受けてエルフやドワーフが敗退、ジリジリ後退しているとのこと。
「うち、できることないんか?」
関西弁で進む会話に不思議なことにすぐに慣れてしまって(いとこに関西弁がいますので)違和感がまったくありません。(笑)

Kb_20111229_195836320  Kb_20111229_200250871
まぁ、目的は魔王バールを倒してエンドリアという姫様の世界を救うこと、になるようですね。
魔法使いがゲートを開いて、そこに入ると違う世界に飛ばされます。そこから本当の物語の始まり、になります。

Kb_20111229_200605899  Kb_20111229_200811479
「なんちゅう無教養やねん!」罵倒されながらも神の子とわかります。(笑)

飛ばされたところは「デビル島」というところ、そこの王様と会話すると姫様は「神の使い」ってことが分かったりします。

この神の石を入手したことにより、フレディック王から全幅の信頼を受けることになります。

Kb_20111229_201256054  Kb_20111229_201139516
次にフレディリック王からうれしいプレゼント。ペットのドラゴンが貰えるというのです。
赴くとかわいいドラゴンが沢山いるではありませんか。(笑)
どうやらドラゴン達は色により異なる能力を持っているようで、自分に合ったのを選びなさいと説明を受けます。
「えー、自分ってどんなんか、まだまったくわかってへんでぇー」
これは悩みますねぇ。(笑)

Kb_20111229_202003837  Kb_20111229_202157291
結局、ペットが活躍するには「憤怒」が貯まらないとだめなようなので「憤怒+5」ってことはたまりやすく活躍が増えるかな?と思い、赤に決めました。
なんだか「リロ&ステッチ」みたいな顔つきのかわいいドラゴン、名前までつけられます!愛猫の名前をつけて大切に育てていきましょう。よろしくね!

Kb_20111229_202544634  Kb_20111229_202608109
次にチュートリアルで大まかなシステムを学ぶことが出来るようなので受講してみます。

ふむふむ・・・なるほどね。Dを押すと宝を探したり出来るんだ。

剣や盾を見つけて装備します。装備すると軍勢のパワーアップにもつながります。

Kb_20111229_204752614
戦闘に突入するとターン制のシュミレーションとなりすばやいものから順番に行動していけます。

無事にチュートリアルも終わったので、デビル島を散策します。

Kb_20111230_000023166  Kb_20111230_000350566
早速に戦闘を仕掛けます。姫様は魔法を使ったり、ドラゴンが行動できるようなら行動させて軍勢をサポートします。
当然、軍勢を操作して戦ったり、オートで戦闘をAIに任せることも出来ます。

ユニットによりかなり能力差や特徴が際立っているので、戦闘はなかなか面白いのですが、いかんせ時間がかかるのが難点でしょうか。
(これって、飽きるのが早いかも?)ちょっといやな予感がしちゃいますね。

Kb_20111230_000501325
ドラゴンもレベルアップしたりします。とにかくかわいいなぁ。(笑)
戦闘中に使えるスキルも増えていきます。

Kb_20111230_000558739
海図を拾うと、海に出て行動できる範囲が広がるそうです。

率いる軍勢はあちこちから買い求めることが出来ますが「統率」という能力があがらないと少ない数しか率いれません。
レベルが上がると数が増えていきますから、レベル上がることがうれしいですね。

Kb_20111230_005403512
拾った卵からグリフォンが生まれました。まだ子供なので予備軍に編成して育つのを待つことにします。
種もあるようで、こちらも植物方の軍を加えることが出来るようです。

Kb_20111230_010512017
愛猫、もとい愛龍も新しいスキルを覚えました。戦闘中に卵を産んで、1ターン後に味方の軍勢を増やしてくれるというものです。
早速、使ってみましょう。僧侶の前に置いて攻撃除けにもなるかな。と思って、僧侶の前に置いたら長距離攻撃を受けてあっさり壊れてしまいました。(笑)
あ、なるほど。攻撃受けたら生まれる前に壊れてなくなっちゃうんだ。

唯一の不満点は移動中の視点。いちいちマウスの右ボタンをドラッグして変えないと周りを見渡せません。
この辺、自動で自キャラを追って行くほうがよかったのでは?これってオプションでどうにかなるのかな。
グラフィックは美麗で軍事ユニットも個性豊、おまけに戦闘に突入する地形に合わせた背景など、丁寧に作りこまれているんですよ。
クエストを受けて進める方法はHeroes of Might and Magicよりはやりやすいですけど、一本道を辿らせれる感もありますから微妙です。
その辺、面白さでカバーできるかどうかですね。

Kb_20111230_004442881  Kb_20111230_004843316

ともあれ関西姫と愛猫、もとい愛龍の冒険は始まったばかりです。(笑)

Play時間:5時間

« King's Bounty:Armored Princess | トップページ | Steam:危険なホリデーサービス Left 4 Dead! »

02.Steam」カテゴリの記事

1C|King's Bounty:Armored Princess | King's Bounty::Crossworlds」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫様、お手柔らかに。King's Bounty:Armored Princess:

« King's Bounty:Armored Princess | トップページ | Steam:危険なホリデーサービス Left 4 Dead! »